HOT

【イギリス】ニカブを着た乗客にバス運転手が「顔を見せろ」と罵倒

Source: WordPress.com

イギリス中部の街イーストンで、ニカブ(目以外を被うヴェール)を着たイスラム教徒の女性がバス運転手に突然「顔を見せろ」と罵倒され、車内で運転手との口論に発展した。

通報を聞きつけた警察は「ヘイトクライム(人種差別的思想が元で引き起こされる犯罪行為)」の可能性も示唆しており、バス運転手に対する取り調べを慎重に進めている状況だ。

 

 

公の場で顔を隠すのは危険?

イーストンからブリストルへ向かうバスに乗車した女性は、生後2ヶ月の子供と一緒に奥の席へと座った。

しかし、彼女が乗車チケットを受け取るやいなや、バスの運転手は突然立ち上がり「顔を見せるんだ」と彼女に要求してきたのだ。さらにバス運転手は「あの女はこのバスを爆破させるかもしれないぞ」と、少し訛りのある喋り方で女性を罵倒。

ニカブを着た女性は「証拠を残すため」と、自身の携帯で状況を撮影(動画上)を始めた。すると、隣に座っていたヒジャブを着た女性が彼女の擁護に入った。

「どうして彼女の服装がそんなに気になるのよ。何を着ようと選択するのは彼女の自由よ。」

それでもバス運転手は「世の中は危険だらけだからだ。相手の顔が見えないのは危険だ。俺は自分の顔を見せる。だからあなたも見せるんだ」と反発。すかさずヒジャブの女性が「彼女の自由にさせなさいよ。彼女は顔を見られたくないのよ」と言い返したところ、バス運転手は車外を出て一部始終を傍観していた警備員に状況を説明しだした。

映像はバス運転手がようやく運転席へ戻ったところで終了するが、目的地へ着くまで運転手は女性に対する誹謗中傷発言をやめなかったという。

その後、女性は動画をネット上に投稿し、警察にも通報。動画は地元メディアによって大きく取り上げられ、女性はThe Daily Mailの取材に胸の内を明かした。

「私は公衆の面前で恥をかかされたのよ。彼は私を屈辱的な気分にさせた。とても不快だったわ。確かに、彼はイギリス出身ではないようだから、ニカブを見たのは初めてだったのかもしれない。でも、だからといって大勢の前で私をテロリスト呼ばわりするなんてあんまりよ。それに、傍に赤ちゃんもいたのよ。もう2018年だというのに、とても落胆したわ。未だに偏見の目で見られてしまうのね。」

バスの運営会社は通報を受けて、公式に謝罪。また、バス運転手に対して適切な処置を講じるとの声明を出している。

近年、極右勢力が勢いを増しているヨーロッパでは、イギリスの元外務大臣ボリス・ジョンソンがニカブを着た女性を馬鹿にしたり、デンマークでニカブやブルカの着用を禁止する法案が通過したりと、イスラム教徒に対する弾圧的行為が問題視されている。

 

 

 

 

関連記事

  1. 【アメリカ】6歳の男の子が曾お爺ちゃんを介護する動画が話題に
  2. 女子は「肩を見せている」だけで懲戒処分!?男子生徒が驚きの反撃に…
  3. 【中性的モデル】レイン・ダウが貫く信念とは
  4. 客に人種差別の濡れ衣を着せたステーキチェーン店の従業員が解雇に
  5. UGGブーツはビジネス・クラスに相応しくない?乗客がラウンジ利用…
  6. 【フィリピン】ベッドが足りず、仕方なくプールで寝た男性に注目が集…
  7. 【アメリカ】中国系の店員に「猫のフライはないか」と聞く動画が人種…
  8. ロシアW杯 フランスが優勝するも、興奮したファンが暴徒化 2人死…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。