HOT

【アメリカ】「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務相候補者の発言が物議を醸す

Source: FACEBOOK

アメリカはウィスコンシン州の財務相候補者であるジル・ミリーズ(Jill Millies)氏が、同じく財務相候補者のトラヴィス・ハーツイッグ(Travis Hartwig)氏の婚約者に対して侮辱的な発言をしたとして、激しい非難を浴びている。

 

 

中絶を巡り議論が激化

Source: FACEBOOK

「トラヴィス、あなたの婚約者がレイプされても、産まれた子供の面倒は見てくれるのよね。あと、精神病を抱えている人が銃であなたを撃とうが、銃を持つ権利があるんだから問題ないのよね。あなたの思考が穴だらけなの、これで分かるかしら?」

ライバルの婚約者に対し、無神経な発言をしたミリーズ氏。現在、このメッセージは削除されているが、ハーツイッグ氏が残していたスクリーンショットがネット上にアップロードされて注目を集めているのだ。

彼は自身のフェイスブックアカウントにて、彼女に対する怒りを露わにしている。

 

 

「これが政治の底辺さ。事実と向き合うことができず、人格攻撃や脅迫に走る。僕たちはこのような言動にはもう我慢ならない。」

ミリーズ氏は発言を撤回し、公式に謝罪した。そこで彼女は、問題となった発言を投稿した理由を説明した。

 

「昨夜、私のメッセージを読んだ人達にお詫びを申し上げます。投稿は削除しました。私の競争相手とその支持者らが、中絶を巡る言い合いに私を引きずり込んだのです。Ivoter Guide(候補者の違いを示したサイト)によれば、”中絶が許される状況とは何か”という質問に対してトラヴィスは、”いかなる理由があっても中絶は許されない”と答えたのよ。私は、”レイプ、もしくは女性の精神状態や健康状態に障碍がある場合”と答えた。」

ハーツイッグ氏の中絶に対する過激な思想が、「婚約者がレイプされても、産まれた子供を育てることね」などと発言するに至った動機だとミリーズ氏は弁明した。

また、彼女は地元メディアMilwaukee Journal Sentinelの取材に対し、自身の発言に対する見解を述べている。

「政治の世界へ入ったのはこれが初めてなの。もう、トラヴィスと彼の支持者には本当にうんざりしているわ。いちいち私のフェイスブックページに来て、私に対する酷いコメントを大量に残していくのよ。でも、今回は私の失敗ね。誰かがレイプされて欲しいなんて、微塵も思わないわ。それって最低な事よ。ただ、中絶に対するトラヴィスの見解を見た時、信じられない気持ちでいっぱいになったの。」

 

関連記事

  1. 【タイ】「酒が飲めなくてイライラした」 アルコール中毒の母親が息…
  2. テイラー・スウィフトのセレブ友達が大晦日パーティで「憧れのヒーロ…
  3. 【アメリカ】ごみ収集作業員が大好きな6歳の男の子が話題に
  4. 【アメリカ】ビキニ・カフェの店員、”制服”…
  5. 【ヨーロッパ】最高裁判所が「家畜の非人道的な屠殺方法」を非難
  6. 【ミャンマー】29歳女性、SNSにセクシーな写真を投稿し医師免許…
  7. 【スイス】人種差別による虐め認知件数が過去最大に
  8. 【イギリス】ダウン症の娘を罵倒する匿名ユーザー達に父親が激怒

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。