CRIME

「性器が小さい」と言われたことに腹を立てた男が妻を殺害

Source: Facebook

昨年の大晦日、口論の末に妻を殺害した元アメリカ軍衛生兵のDavid Clark(デイヴィッド・クラーク)氏が逮捕された。

身柄拘束の約半年後に当たる今週、クラーク氏に懲役15年以上の判決が言い渡された。

裁判中、クラーク氏は何度か「妻の言葉の攻撃に耐えかねた」と弁明したが、その内容は一体どういったものだったのか。

 

 

性器のサイズを馬鹿にされ、精神的苦痛を受けた?

Source: WEST MERCIA POLICE/FACEBOOK

「自分のペニスのサイズをいつも馬鹿にされ、精神的苦痛を受けてきた。」

法廷で、妻のモラル・ハラスメントについて明かすクラーク氏。

クラーク氏によれば、彼に対する妻からの言葉の暴力は日常茶飯事だったというが、クラーク氏をよく知る人物からは「彼は(妻子に対して)威圧的で、支配欲が強い」という話が出ている。威圧的態度に耐えかねた妻が、クラーク氏を家から追い出した事実もあるという。

クラーク氏と共に暮らしていた義理の息子は法廷で、「この恐ろしい事件のせいで、私は孤児になった。今は不安と鬱に苦しむ日々が続いています。私にはもう、未来がわからない。出口がどこかわからない。たまに、生まれてこなければ良かったと切望することがある」と、裁判長に胸の内を伝えた。

クラーク氏の弁論の合理性の無さ、そして遺族の受ける打撃を考慮した裁判長は、クラーク氏に対して「最低15年」の有罪判決を下した。

 

関連記事

  1. 「アメリカ人らしくない」 イラン系アメリカ人ブロガーに突き付けら…
  2. 露出狂を通報しSNSに現場を晒した女性が称賛される
  3. 「お前をレイプして殺す」アメリカ人観光客の男が暴走
  4. ホームレス男性を利用して募金詐欺 カップルに批判殺到
  5. 「ゲイの男は生理がないくせに」 司会者の発言に批判殺到
  6. 王位継承者が元家政婦のスウェーデン人女性と結婚
  7. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  8. 主人を愛して止まない難聴のペルシャ猫が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。