CELEBS

6月21日は「自撮りの日」!気になるセレブ達のセルフィーをご紹介

今年の6月21日は何の日かご存じだろうか?

アメリカでいつの間にか制定された、National Selfie Day(自撮りの日)なのだ。

インスタグラムやツイッターなどのSNS上では、この日に向けて一斉にセルフィー(自撮り)を投稿する人々で溢れかえった。

いつもなら「自撮りはちょっと・・・」という人も、「今日は自撮りの日だから」とセルフィーを一枚。

しかもセルフィーは一般人のみならず、俳優や歌手、スーパーモデル達、更には政治家にも人気なのである。

今回は「自撮りの日」に乗っかり、そんな気になるセレブ達のセルフィーを一挙ご紹介していこう。

 

 

セリーナ・ゴメス

Source: @selenagomez/Instagram

 

Source: @selenagomez/Instagram

 

 

レディー・ガガ

Source: @ladygaga/Instagram

 

Source: @ladygaga/Twitter

 

 

キム・カーダシアン

Source: @kimkardadshian/Instagram

 

Source: @kimkardadshian/Instagram

 

 

テイラー・スウィフト

Source: @taylorswift/Instagram

 

Source: @taylorswift/Instagram

 

 

バラク・オバマ前大統領

Source: BuzzFeed

 

Source: @obamawhitehouse/Instagram

 

 

セレブの自撮りはスマホ時代以前にもあった!

iPhoneなどのスマートフォンが普及してからというもの、誰でも気軽に自撮りができるようになった時代。

では、iPhoneができる前は自撮りは普及していなかったのか?

いや、そんなことは全くないのである。

フィルムカメラやポラロイド、インスタントカメラを駆使したセレブ達のセルフィーは、1930年代にまで遡るのだ。

 

1960年代:ソフィア・ローレン

Source: Pinterest

 

 

1980年代:マドンナ

Source: Pinterest

 

 

1960年代:ジョン・レノン

Source: Pinterest

 

 

1950年代:サミー・デイヴィスJr.

Source: Pinterest

 

 

1960年代:マリリン・モンロー

Source: Pinterest

 

 

1930年代:フランク・シナトラ

Source: Sinatra Family Archives

 

 

関連記事

  1. カイリー・ジェンナーがブラシセットを360ドルで販売し大炎上
  2. 自分を取り戻すために妻との離婚を決意したゲイのモルモン教徒
  3. 「テンションの低い返信」はNG?ネット上で大論争
  4. 【フランス】シャネルがリアルファーや本革製品の製造を廃止
  5. 【デンマーク】親に見放された子供をゲイのペンギンが保護
  6. 【オランダ】ビーガン料理フェスに男が生肉を食べながら”…
  7. 【ギリシャ】野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!
  8. 女性ラッパー達が大喧嘩?カーディ・Bが女王ニッキー・ミナージュに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。