ART

インドでは「女より牛でいる方が安全」?性被害周知のプロジェクトが始動

(Source: Sujatro Ghosh)

2012年、インドで起きた集団強姦事件が世界を震え上がらせた。

その後、性被害に対するデモがインド各地で開かれるも、性犯罪発生件数は年々増加している傾向にある。

そんな中、インド出身の若きフォトグラファーが性犯罪の異常性を広く周知させようと、自身のインスタグラムを使って斬新な行動に出た。

 

 

インドでは、女性は牛よりも格下の存在?

Source: Vanitha

彼の名は、ニューヨークを拠点にフォトグラファーとして活動している、Sujatro Ghosh(スジャトロ・ゴシュ)氏。

元々インドのコルカタ出身である彼が手掛けたプロジェクトは、インドで横行する強姦事件を見かねて考え出したものだという。

その名も「Cow Mask Project」。

人口の約80%がヒンドゥー教であるインドでは、牛は神聖な生き物として崇められている存在。

そこに目を付けたゴシュ氏は、「女性にとって、インドは牛でいた方が安全な生活を送れる場所だ」と批判。

そうしたインドの社会問題を風刺するように、街中で”牛のマスクを被った女性”を撮影して話題を呼んでいるのだ。

彼は完成した作品を自身のインスタグラムに投稿し、心打たれるコメントを残している。

My art comes as a form of protest. In my country Cows are more important than a woman's life with more security. (Reference: Majority of Hindus believe cow as their holy animal and they worship it though Majority of Muslims consume it as a part of their daily meal.) The debate is never ending "Whether to consume or worship it" but gaining political benefits out of it is wrong. Why not let the people decide what they want to consume. I will be photographing women from different parts of the society. I would be more than happy if you reach out to me and want to get photographed or maybe join this form of protest. Suchismita says: "As a woman, the question of harassment and insecurity has been a part and parcel of my life. And even more so, as I left my home and went to another city for my higher studies. But in the past few years, this question has been at the forefront in every single discourse. Rather than addressing it, there have been repeated examples of sidelining it with more trivial matters. In a country with astounding levels of rape, molestation, abuse and other manners of crimes perpetrated against women, it is beyond sick that the matter of cow protection and religion has more traction. What use are protected cows and religious sentiments if half the population of the country needs to live in constant threat in order to facilitate it? When I saw the rather innovative idea used to engage with the cow protectionist camp, I decided I had to be on board. These last few years, I've realised injecting humour is the only way to tackle these idiots. If we take offence at everything they say and do, then there lies no essential difference between them and us. The campaign in that sense, is quite mooving." #RisingBeyondJingoism #WHPstandout #market #cow #women #protest #womenpower #politics #indiarising #inquisitiveindian #thecowmaskproject #animals #love #laugh #art #men #everydayeverywhere #indiaphotoproject #everydayindia #womenphotographers #myfeatureshoot

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿 –


 

「僕のアート作品は、抗議という形で成り立っている。僕の国では、女性よりも牛の命の方が尊重されている。ヒンドゥー教徒は牛を神聖な動物と見なしているが、イスラム教徒は牛を食べる。牛を崇拝するのか、消費するのか、そんな終わりのない議論が続いているが、そういったことを政治利用するのは間違っている。何を消費したいかは、その人の決断に委ねれば良い。抗議に参加してくれた女性の1人は、”牛の安全が性犯罪よりも重きを置かれているのは、本当にバカバカしい。でも、この何年かで気付いたわ。こういう人達に対して反発してるだけじゃ、何も変わらない。効果が出るのは、現状を皮肉った主張をした時よ。だからこの抗議運動は面白いと思ったの”と僕に話してくれた。」

 

そんな彼と勇気ある女性達の、性被害周知の一環として始動した”Cow Mask Project”の作品をご紹介していこう。

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

Sujatro Ghoshさん(@sujatroghosh)がシェアした投稿

 

ゴシュ氏はCows Mask Projectのみならず、南アジアの問題を取り扱った様々な作品を手掛けている。

彼の他のフォトグラフィーをご覧になりたい方は、是非公式サイトを訪問してみては?

関連記事

  1. 【アメリカ】現代のヒット曲をヴィンテージ風にアレンジさせた動画が…
  2. アイスランドでは男性が女性より稼ぐと”違法̶…
  3. ケイティ・ペリーが少年にキスを強要し物議を醸す!?
  4. 【ロシア】国内初のゲイ・パレードが「子供を守るため」禁止に追い込…
  5. 【フランス】パリの全裸レストランが”人気不足R…
  6. 【イギリス】女優エマ・ワトソンが中絶合法化を支持
  7. 【アメリカ】「婚約者がレイプされても子供の面倒を見ることね」財務…
  8. 【韓国】化粧品会社が”金正恩の核兵器マスク̶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。