ANIMALS

飼い主に2度捨てられた猫、トビー

出典:WRAL.com

「他の飼い猫と仲良くしてくれないから、もういらない。」

野良猫としてある家庭の元に迎え入れてもらったToby(トビー)は、先住の飼い猫とうまく行かずに保健所へ連れられた。

飼い主はそこで、トビーの安楽死を望んだという。

しかしその後、トビーは保健所を抜け出して飼い主の元に戻ってきたのだ。

 

20キロもの長距離を歩くも・・・

出典:Animal Channel

その距離は、なんと20キロ。

その愛に飼い主は心打たれた・・・と思うのは大間違い。なんと彼らは、自分に会うために20キロもの距離を歩いてきた猫を再度保健所に引き渡したのだ。

トビーを預かった保健所との繋がりがあった動物愛護団体のSPCA of Wake Countryは、彼の話を聞いてトビーを譲り受けることを決意。

始めは他の猫と馴染めずにいたが、すぐに慣れてくれたという。

そこから数週間経った後、トビーは新たな里親に迎え入れられた。

 

SNSが里親決定の懸け橋に

出典:SPCA of Wake Country

トビーの里親となったのが、ミシェルさんだ。

彼女がトビーについて知ったのは、妹がSNSのインスタグラムに彼についての投稿を見た際、ミシェルさんに「里親になるべきよ」と電話したからだという。

トビーは今、ミシェルさんの家族と先住猫と一緒に幸せに暮らしているのだそう。

 

出典:Toby’s story (the cat who walked 12 miles) goes viral

関連記事

  1. 【イギリス】ダウン症の娘を罵倒する匿名ユーザー達に父親が激怒
  2. クリッシー・テイゲンが「妊娠線」を公開!プロのモデルが「モデル体…
  3. 【アメリカ】自分を取り戻すために妻との離婚を決意したゲイのモルモ…
  4. 【フランス】”インスタ映え”する街の住人…
  5. 【スイス】飼い猫が全身にスプレーを掛けられ3日後に死亡
  6. イギリス人は妊婦が電車内で立っていたら席を譲るのか?ブロガーが実…
  7. 【イギリス】ハリー王子の婚約者、メーガン・マークルが王室の慣例を…
  8. 【アメリカ】ごみ収集作業員が大好きな6歳の男の子が話題に

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。