ANIMALS

飼い主に2度捨てられた猫、トビー

出典:WRAL.com

「他の飼い猫と仲良くしてくれないから、もういらない。」

野良猫としてある家庭の元に迎え入れてもらったToby(トビー)は、先住の飼い猫とうまく行かずに保健所へ連れられた。

飼い主はそこで、トビーの安楽死を望んだという。

しかしその後、トビーは保健所を抜け出して飼い主の元に戻ってきたのだ。

 

20キロもの長距離を歩くも・・・

出典:Animal Channel

その距離は、なんと20キロ。

その愛に飼い主は心打たれた・・・と思うのは大間違い。なんと彼らは、自分に会うために20キロもの距離を歩いてきた猫を再度保健所に引き渡したのだ。

トビーを預かった保健所との繋がりがあった動物愛護団体のSPCA of Wake Countryは、彼の話を聞いてトビーを譲り受けることを決意。

始めは他の猫と馴染めずにいたが、すぐに慣れてくれたという。

そこから数週間経った後、トビーは新たな里親に迎え入れられた。

 

SNSが里親決定の懸け橋に

出典:SPCA of Wake Country

トビーの里親となったのが、ミシェルさんだ。

彼女がトビーについて知ったのは、妹がSNSのインスタグラムに彼についての投稿を見た際、ミシェルさんに「里親になるべきよ」と電話したからだという。

トビーは今、ミシェルさんの家族と先住猫と一緒に幸せに暮らしているのだそう。

 

出典:Toby’s story (the cat who walked 12 miles) goes viral

関連記事

  1. 【アメリカ】中間選挙に向けた民主党支持者の投票促進ポスターが物議…
  2. 【イギリス】ヨーロッパ横断旅行で”ブレグジット反対&…
  3. 【アメリカ】ポピュラーなヘアスタイルを地域ごとにピックアップ!
  4. 【アメリカ】病気の妻に会えるように、常連客がドーナツショップの商…
  5. 【アメリカ】紛失された婚約指輪をニューヨーク市警が発見 公式ツ…
  6. 【インド】住処を追われた”神の化身” 野…
  7. ロサンゼルス市議会がリアルファーの製造・販売禁止法案を可決
  8. イギリス人は妊婦が電車内で立っていたら席を譲るのか?ブロガーが実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。