ANIMALS

飼い主に2度捨てられた猫、トビー

出典:WRAL.com

「他の飼い猫と仲良くしてくれないから、もういらない」

ある家庭の元に迎え入れられた野良猫のToby(トビー)は、先住猫とうまく行かずに保健所に引き取られた。

飼い主はそこで、トビーの安楽死を望んだという。

しかしその後、トビーは保健所を抜け出して飼い主の元に戻ってきたのだ。

 

20キロもの長距離を歩くも・・・

出典:Animal Channel

その距離は、なんと20キロ。

その愛に飼い主は心打たれた・・・と思うのは大間違い。なんと彼らは、自分に会うために20キロもの距離を歩いてきたトビーを再度保健所に連れて行ったのだ。

トビーを預かった保健所は、動物愛護団体『SPCA of Wake Country』に事情を説明し、同団体はトビーを譲り受けることを決意。始めは他の猫と馴染めずにいたが、すぐに慣れてくれたという。

それから数週間経った後、トビーは新たな里親に迎え入れられた。

 

SNSが里親決定の懸け橋に

出典:SPCA of Wake Country

トビーの里親となったのが、ミシェルさん(画像上)だ。

インスタグラムの投稿でトビーについて知ったミシェルさんの妹が、彼女に「里親になるべきよ」と連絡をしたことが切っ掛けだという。

トビーは今、ミシェルさんの家族と先住猫と一緒に幸せに暮らしているのだそう。

 

出典:Toby’s story (the cat who walked 12 miles) goes viral

関連記事

  1. アジア系を狙った集団暴行を止めようとした男性、犯人に顔を殴られ重…
  2. 大嵐の中、ショッピング・カートを返却する老人の姿が話題に
  3. 役員報酬を削減して従業員の給料を大幅アップ?その意義とは
  4. 貧しい息子のために鞄を編んだ父親に感動の声が続出
  5. 国家試験を控える貧しい友人のために、眼鏡代の寄付金を募る
  6. スターバックスが難民向けの就職フェアを主催
  7. コロナ差別からアジア系を守る犯罪抑止団体が誕生
  8. 「殺された村人の敵討ち」? 保護対象のワニが大量虐殺される

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。