CRIME

上司に叱責された腹いせに爆破予告!?格安航空スタッフを逮捕

(Source: DNA India)

5月2日、インドはデリーにあるインディラ・ガンディー国際空港に、何者かから爆破予告の電話がかかってきた。

脅迫電話は空港内にある格安航空会社IndiGo(インディゴ)のオフィスに向けられたもので、「ムンバイ行きの飛行機」に爆破装置を仕掛けたとの内容だった。

空港は直ぐさまムンバイ行きの便全てに確認を取り、入念に調査を行うよう指示するも、後に爆破予告がイタズラだったと発覚した。

警察は着信履歴を辿り、電話番号の所有者を調査。

すると、なんと犯人はインディゴ航空のCAだったことが判明した。

 

 

動機は「叱責されたことへの仕返し」?

特定された人物は、Kartik Madhav Bhad(カールティク・マダフ・バッド)。

彼は大学で航空学を学び、2013年に大学を卒業。その後、IndiGoのカスタマーサービススタッフとして採用された。

なぜ若き新入社員が、会社に脅迫の電話をかけたのか?その動機は驚くべきものだった。

「怒られて腹が立ったから、仕返しをしてやろうと思った。」

犯人は、警察の尋問に対してこう答えたという。

調査を進めると、彼の仕事ぶりが会社の求める基準に達しておらず、それを見かねた上司が彼を叱責したという。

叱られたから「仕返し」をするというのは、社会人として失格である。

大学を卒業した20代前半の若者ならば、失敗や恥をバネにして上へのし上がっていってほしいものだ。

 

関連記事

  1. カーディ・Bの新曲『WAP』に批判続出、一方で擁護する声も
  2. セミヌードは「わいせつ画像」? 政府がモデルに警告
  3. 清掃車が爆発、糞尿が住宅街に散乱
  4. 犬肉・猫肉が違法に 新法案が可決
  5. M7.1の大地震が発生 しかしツイッターでは笑いのネタに
  6. 卵25万個を廃棄、コロナ禍が収束し供給過剰に
  7. 「スペイン語を話すな」男性の無神経な発言に乗客が反撃
  8. 環境保護団体がファッションショーの中止を要求

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。