CELEBS

クリステン・スチュワートがカンヌ国際映画祭に裸足で登場!?

(Source: GETTY IMAGES)

第71回カンヌ国際映画祭が今月8日、フランス・カンヌで開催された。

世界中から豪華な俳優やモデル、映画監督らがレッドカーペットを歩き、長澤まさみや水原希子も出演したことで日本でも注目を集めた。

ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と並ぶ「世界三大映画祭」という位置付けもあり、ドレスコードには厳しいルールが設けられている。

その内の一つ、「女性はフラットシューズを履いてはいけない」という規制に対して、驚きの手法で抗議の声を上げた女優がいる。

 

 

映画祭のドレスコードに抗議

Source:GETTY IMAGES

クリスチャン・ルブタンの高いピンヒールを脱ぎ、裸足でレッドカーペットを歩き出した女優クリステン・スチュワート。

大ヒットシリーズ「トワイライト」の主演を演じ、今年のカンヌ国際映画祭では審査員も務めている大女優の彼女が、なぜそんな粗暴な行為に出たのか?

クリステンは2016年にファッション誌Vanity Fair(ヴァニティ・フェア)にて、ドレスコードについてこう言及している。

「男性には許されていることが、女性というだけで駄目だなんて、私には許せないわよ。」

カンヌ国際映画祭は2015年、病気のためヒールが履けないゲストを、「フラットシューズを履いている」というだけで試写会への入場を拒否して物議を醸している。

裸足になってドレスコードに対する抗議の意を示す行為は、実は彼女が初めてではない。

 

 

過去にはジュリア・ロバーツが裸足で登場

Source:GETTY IMAGES

2016年に開催された第69回カンヌ国際映画祭では、大女優ジュリア・ロバーツが裸足でレッドカーペットに登場。

マネーモンスターのプレミア試写会に、共演したジョージ・クルーニーと共に裸足で出席した。

 

映画祭での女性に対する厳しいドレスコードは長い間問題視されており、カンヌ国際映画祭以外では女優キャメロン・ディアズやゾーイー・ディシャネルも裸足でレッドカーペットを歩き、抗議活動に出たことがある。

こうした抗議に対して、カンヌ国際映画祭の運営側はNewsweekのインタビューにこう答えている。

「ドレスコードは長い間変わっていません。男性はタキシード、女性はヒールです。ヒールに関しても、男女問わず高さの規制は設けておりません。」

運営側は、ドレスコードにフラットシューズを許容する気はないように思える。

女優達の願いが叶うまでの道のりは、まだまだ長そうだ。

 

関連記事

  1. 中学校がアジア人蔑視の写真を投稿し非難続出
  2. 親に見放された子供をゲイのペンギンが保護
  3. 【ディズニー】実写版リトル・マーメイドのアースラ役はレディ・ガガ…
  4. アメリカで民族学が高校の必修科目に、人種差別抗議デモが後押し
  5. 「動物虐待だ」 韓国人YouTuberに批判が殺到
  6. 何種類あるの?カイリー・ジェンナーのヘアスタイル10選
  7. ヘアカットに満足せず美容院に2年間も嫌がらせ行為
  8. ヨーロッパ横断旅行でブレグジット反対の軌跡を描くプロジェクトに挑…

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。