CULTURE

【アメリカ】フィギュアスケート大会でクラブ調の音楽を使ったパフォーマンスが話題に

フィギュアスケート。

儚くも美しい氷上のダンスには、可憐でエレガントな音楽がつきもの。

バッハやモーツァルト、久石譲など、オーケストラを使った上品な曲を使用することが定番だ。

というより、そういった曲調しかフィギュアスケートのパフォーマンスに合わないためか、それ以外の音楽を使う選手がいなかった。

そんなフィギュアスケート界の「暗黙の了解」を破った選手が今週、アメリカで誰もが驚く選曲をしてファンを驚かせた。

 

パフォーマンス曲にDJ Snakeのクラブ・ミュージックを選び話題に

今年アメリカで開かれた最初の全国大会で、ニューヨークはクイーンズ出身のフィギュア・スケーター、Jimmy Ma(ジミー・マー)。

彼の選択した曲は、フィギュアスケート界では異例中の異例であるハウス・ミュージックだ。

クラブでよく使用されているDJ Snake(DJスネイク)の”Propaganda”と”Turn Down For What”が会場に響き渡り、観客も思わず歓声を上げた。

しかし、優雅なパフォーマンスとは裏腹のノリノリなクラブ・ミュージックに実況は少々困惑気味。

結果は11位と伸び悩んだが、フィギュアスケートの歴史を塗り替えてくれる最初のパフォーマンスとなるかもしれないと、SNSを中心に期待の声が上がている。

 

 

関連記事

  1. シャネルが「男性向け」コスメラインを新展開!
  2. アジア地域で”チーズ茶”が話題沸騰!未知…
  3. 著名な右翼系美女タレントが銃賛成の広告をインスタグラムに投稿?
  4. 【アメリカ】白人男性が尺八の演奏を披露するも、「日本文化の盗用だ…
  5. 【アメリカ】オートバイ集団がサンタに変身!恵まれない子供達におも…
  6. 【グラミー賞】最優秀ラップ・アルバム賞授与のカーディ・Bが故マッ…
  7. 【イタリア】不法移民が電車で国境を越えようとして、感電事故に遭う…
  8. 【ギリシャ】野良猫の世話をするアルバイトに応募が殺到!

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。