HOT

AIロボットが人事部長に? 管理職がロボットに奪われる時代到来か

AI(人工知能)ロボットが人間の仕事を奪うと世間を騒がせて久しいが、「将来AIに代替される仕事」は受付係や電話オペレーター、レジ係など、一般的に「誰にでも出来る」仕事だ。

他にも翻訳家や融資担当など、知識があれば出来る仕事も奪われる可能性が大きい。

では、何がAIに出来ない仕事かと問われれば、「管理職」が真っ先に思い浮かぶ人が多いのでは無いだろうか。

しかし、なんとその管理部門でさえもAIロボットに委ねようという試みがなされようとしているのだ。

 

管理職をAIロボットに委ねる時代が来るか

オランダ最大手石油会社のロイヤル・ダッチ・シェルが、人材確保や異動などの人事担当にAIロボット技術を導入する試験を今年初旬に開始。米大手マスコミWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)が伝えた。

シェル役員メンバーであるキャロライン・ミッセンは、「我が社が持つ多才な人材を、更に効率良く使いこなす術を模索しております」と、AI技術に期待を抱いている。

AIは管理職になれない、少なくとも近い将来はまだ無理だと考える人は多いが、AIこそが管理職に相応しいと唱える者がいるのだ。

管理職に一番重要なスキルは「判断力」と「分析力」だが、この2つはまさにAIが最も得意とする分野である。

人はAIと違い、自分の「感情」を優先してしまう癖がある。それが判断ミスに繋がり、会社の不利益となるケースが世界中で起きている。

しかし、AIロボットにはその感情が無い。

感情に左右されず、正確なデータ分析に基づく的確な判断を下すAIは、管理職に打って付けだというのだ。

 

猛烈なスピードで人知を超えようとするAI技術。

クリエイティブな仕事や管理職はAIロボットに奪われることは無いだろうと、安心している場合では無さそうだ。

 

 

関連記事

  1. 医師不足で医学生の早期卒業を奨励 新型コロナ
  2. コモドドラゴンの深刻な密猟被害によりコモド島が封鎖される
  3. ブリジット・バルドーがセクハラ撲滅運動を「目立ちたがりの集まり」…
  4. カールスバーグが紙製のビール容器を開発
  5. 今年度開催のゲイ・パレード、参加費が昨年の倍に値上り?
  6. 「テロリストだ」 シク教徒の少女が虐めに対するメッセージを発信
  7. 卵25万個を廃棄、コロナ禍が収束し供給過剰に
  8. 食事はお粥と唐辛子のみ 24歳女性が栄養失調で死亡

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。