CULTURE

【映画】「ティファニーで朝食を」の秘密5選

Source: Supplied

大女優オードリー・ヘプバーンの代表作、『ティファニーで朝食を(原題:Breakfast at Tiffany’s)』が公開されてから、5日で56周年を迎えた。

いつの時代も愛され続けている本作、実は多くの人が知らなかった意外な秘密が多数隠されていたのだ。

今回は56周年を記念して、映画に隠された秘密10選をご紹介。

 

1. 主演はマリリン・モンローが演じるはずだった

tumblr_my0kofqrim1sr7xmio1_r1_500

Source: Giphy

原作者であるトルーマン・カポーティ氏は、監督から映画化の話が出た時、「主役のホリー・グライトリーはマリリン・モンローが演じる」ことを条件に映画化を了承。

しかし、当時のマリリンは「セックスシンボル」として見られることを嫌っており、娼婦であるホリーを演じることに強い抵抗感を抱いたという。

そのため、マリリンは出演オファーを蹴ってしまい、監督は急遽マリリンとは全くイメージの異なるオードリーを主演に選んだのだ。

これを聞いたトルーマンは、「パラマウント社(映画配給会社)は私を裏切り、オードリーを出演させた」と不満を露わにした。

 

2. 有名な黒のドレスは、ジバンシーがデザインしたもの

Source: Giphy

オードリーが着ているアイコニックな黒のサテンドレスは、高級ブランドGivenchy(ジバンシー)の創設者、ユベール・ド・ジバンシーが彼女のためだけにデザインした一着。

そしてこのドレスは、オードリーが亡くなった1993年、ジバンシーによって慈善団体『City of Joy Aid(シティ・オブ・ジョイ・エイド)』へ贈与された。

晩年を慈善事業に捧げていた彼女にとっては、本望と言えるかもしれない。

City of Joy Aidは2006年、ドレスをオークションにかけて、90万ドル(約9000万円)で落札された。

 

3. デニッシュはさほどお好きではないみたい

Source: Giphy

ホリーがデニッシュを頬張りながらウィンドウ・ショッピングをする、本作では最も有名なこのシーン。

しかしオードリー本人は、「デニッシュよりもアイスクリームのほうが好きね」と話しているという。

 

4. ホリーの部屋が585万ドルで販売された

Source: Giphy

ホリーの部屋の中はパラマウント社のスタジオで作成されたが、その外観はニューヨークに実際に存在するアパートを撮影したもの。

彼女の家として映し出されたこのアパートは、2011年になんと585万ドル(約6億円)で落札されたのだ。

ニューヨークといえど、小さなアパートが6億円で売られるのは、さすがオードリーの影響は絶大。

 

5. 「ティファニーで朝食を」は、ティファニーが舞台となった最初の映画

Source: Giphy

ティファニーを舞台としたことで、ティファニー社は「優しい表現とフリーの宣伝効果に感謝している」と話すも、映画の撮影中は警備隊を40人配置させ、厳戒態勢を保っていたようだ。

しかし、ティファニー社が言うとおり、この映画のお陰で会社は半永久的にフリーの広告を掲載しているようなものである。

関連記事

  1. 立入禁止の花畑で写真を撮る観光客に批判が殺到
  2. 陸上女子の金メダリストに「男性疑惑」が浮上
  3. トイレ清掃員、便器の水を飲んで清潔感をアピール?
  4. いやがらせ目的? ブルキニ姿の女性達に裸体を見せ付ける
  5. 愛犬の死期を「お気に入りの歌」で見届ける親子の動画が話題に
  6. 80代の高齢カップル、40年以上の時を経て結婚を決意
  7. 独身の教師のみに付与される「愛の休暇」とは?
  8. アン・ハサウェイが人権向上イベントで「白人特権」を批判

CATEGORIES

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。